【お題】鈴華姉妹は化けスカンクになってしまった!!【完成】

もるもっとさん分:『スカンク化は美影ちゃんと猫乃ちゃんの連鎖堕ちでもよいでしょうか・・・
変態でごめんなさい!』

完成したのでのせのせ

 

森の奥で悪さをする化けスカンクを退治するという依頼を受けた鈴華姉妹であったが、鬱蒼と茂る森を抜けると真ん中に小島があるこんこんと水が湧き出る泉があった。

君たち姉妹は二手に分かれ泉の周りを調べることにしたが・・・・・・。


がさがさという音を立てたかと思うと茂みから、化けスカンク達が現れた!!

不意を突かれたこともありたちまち組み伏せられてしまった!

振りほどこうともがく君の顔先に、一匹が尻を近づけるとブシュっと極彩色の煙状の屁を吹きかけた!!

あまりの臭さに気を失いかけた君に、ニヤニヤと笑いながら別のスカングが同じように屁を吹きかけていく!!

二度目の放屁で服がとけるように消え、三度目をうけると君はとうとう気を失い全身から獣毛が生えだし化けスカンクそっくりになってしまった。

それを確認するとスカンクたちはさっさか森の奥へと帰ってしまった。

目を覚ました君は妙な肌寒さを感じ泉に姿を映すとそこには・・・・・・。

赤と白に色分けされた化けスカンクになった君の姿がうつっているではないか!!

SKUNK1

思わず、口に手を当て仰け反ると……。猛烈なおなかの張りに思わず、ぷりゅっと屁を漏らしてしまった。

そのとたん全身を駆け巡る快感に君は、ぷっぷと音を立てながら屁をもらし続けた。

そして最後にひときわ大きくぶぼぉっ!!と音を立てて極彩色の屁を放ち君の姿は覆い隠された。

煙のような屁が晴れると、そこにはピンクの髪に赤と紫の毛に身を包んだ先ほど君を襲った化けスカンクのようなにやにやとした表情を浮かべた君がいた!!

「~♪」

再び細かく屁をもらしながら君は軽い足取りで、猫乃がいると思われる反対側へとかけて行った。


とてとてと反対側から歩いてきた猫乃は、君の姿を確認するとぎょっとした表情で立ち止まった!!

君はぴょんと一っ飛びするとそんな猫乃に尻をむけブボッ!!と放屁した。

「やっやだぁ!」

極彩色の屁を受けた猫乃はとっさにめぐらせた霊力の幕によりどうにか抵抗したもののその姿は青い毛の化けスカンクと混ざったかのような姿になった。

SKNKU2

「ほーらほーら、猫乃もかまそうやー、めっちゃ気持ちいいでー!」

とからかうかのように腰を振りながら君は、ぷっぷと小さく屁を飛ばす。

「いっいやぁ……。」

力なくへたり込んだ猫乃の尻からもつられる様に小さく屁がもれていく……。


「ぶびっと飛ばすのは最高ですねぇ姉さま!!」

「せやろせやろ!!」

数十分後、君達姉妹は放屁の快感のとりこになりすっかり化けスカンクへと成り果ててしまった。

SKUNK3

もともとが退魔師であった君達姉妹は化けスカンクでありながらも知能も持った上位の存在となり、村の水源たる泉を自身の屁を濃縮したエキスなどで汚染し周辺地域から恐れられる化けスカンクのコロニーの主になったそうな……。

残念これで君達の冒険は終わってしまった!!

 

 

【化けスカンク】森などでみかける派手な色合いのスカンク獣人

本来知能は低く、徒党を組んで押し倒し屁をかがすことによって仲間を増やす程度のことしか出来ない。

カテゴリー: ミカゲィトG, 鈴華さんち パーマリンク

【お題】鈴華姉妹は化けスカンクになってしまった!!【完成】 への6件のフィードバック

  1. 草津 のコメント:

    |ωΦ)<お疲れ様ですごちそうさまです!

  2. MT のコメント:

    放屁と共に理性を失って行き、ついには堕ちてしまう、いいシチュですね。
    まだ堕ちきっていない時の白多めもいいですが、完全変化後のドギツイ色合いや髑髏とハートのワンポイント、ケバイ感じの顔周りも化け物っぽさに拍車をかけていると思います。
    連鎖堕ちの文章も素晴らしかったです。

    • suiran1219 のコメント:

      ありがとうございますー! ちょっと上位の新種になってしまいましたのん。

  3. もるもっと のコメント:

    おおおおお!!
    ありがとうございます!!
    猫乃ちゃんの徐々にスカンク化していくところが最高です。!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。